リーダーになったらまず大事になること4つ【私が失敗した経験より】

リーダーになった時に大事になること4つ 学生時代
困ったさん
困ったさん
リーダーなったけど、どういう心構えでいればいい?

こんな疑問を解決します。

この記事を書いてる人

FUMIPEN BLOG
ふみペン
ふみペン
これまで小中高大とリーダーを全て経験したよ!そしてたくさんの失敗も経験した。
本記事の内容

  • そもそもリーダーとはなんなのか?
  • リーダーになったら何をすればいいのか?

本記事では「リーダーになったばかりの人に知って欲しいこと」について解説

この記事を読むことで、何を自分がやらなければいけないのか、何が人の上に立つ上で大事なのかわかる手助けになればと思います。

結論から話すと、

結論

  • 部下の意見を拾うことで結束力が高まる
  • 組織の支えとなる一本の芯を作る
  • 常に自分を高める意識を持つこと
  • けれども一番になろうとはしないこと

リーダーになった瞬間に大事になる4つのこと

私の経歴を最初に話します。

プロフィールには書いてありますが

経歴

  • 小学校では団長
  • 中学校では部活のキャプテンや生徒会
  • 高校では副キャプテン
  • 大学では200人規模の団体の会長

等を経験しました。

そのためリーダーになった人がぶつかる悩みにも答えれると思います。

そして今回はリーダーになった上で大事だと思うことを4つ限定して紹介します。

部下の意見を拾う

部下の意見を拾うことで、結束力が得られます。いざというときに力を発揮できます。

あなたはどうやってリーダーになったんでしょうか?

この世にあなた一人しかいなかったらリーダーなんて必要ないです。
つまり部下がいて、あなたを選んでくれたからこそ、リーダーになっています。

そして、もし選ばれたリーダーにもかかわらず部下の意見を全く聞かずに指揮してたらどうでしょう?

あなたに付いて行きたいってなるでしょうか?

昔の幼きころの私は

ふみペン
ふみペン
俺が一番偉いんだ!俺のいうことが正しいだよ!

そうやってガキ大将の如く、部を我が物顔で扱っていました。
その時は正直自慢とかではなくて、学校の成績でも部活でも誰にも負けなかったんですよね。

今ではわかりますよ。そんなことを思ったらいけないって。。でもね、昔は幼かったです、、、

結果、バラバラでした。誰も話は聞かない。
そしてそういう組織は最終的に大事なところで踏ん張れないんですよね。ボロが出ました。

団体戦では実力では負けないであろう相手に負かされて。。。。

なので、あなたがリーダーになったら是非、部下を気にかけてください。

組織の支えとなる一本の芯をあなた自身が示す

支えとなる芯を作ることであなたが道に迷った時に照らす道標になります。
それは自分だけじゃなくて部下にとってもです。

組織で活動していると、もちろん失敗をします。そして失敗すると当然組織は悪い方向に向かいます。

困ったさん
困ったさん
いやいや、そんなに組織って弱くないでしょ!みんな覚悟持ってやってるんだから

という意見を持っている人もいます。

けど、自分はそうは思いません。

人は追い詰められれば追い詰められるほど、本性が出ます。
自分は今まで何度も見てきました。

誰も傷つけたくて傷つけているわけではありません。それでも追い詰められたらなるもの。

「なんで私だけ、こんな辛いことしなくちゃいけないの?」

「俺はそんなことしたくてやってるわけじゃない!」

「なんで、お前はそんなこというんだよ!」

って。自己中心的になる。

自分自身もそうでした。それは自分が何をやったらいいか見えなくなったから。

だからこそ、リーダーになった今のうちです。

私がいつも迷ったら問いかけていることを伝えておきます。

  • 何をあなたは成し遂げたいですか?
  • あなたがこの組織でリーダーをやった理由はなんですか?

常にそれを組織にわかるような形で芯を作ることです。

常に自分の能力を高めること

自分の能力を高めることを忘れないでください。

これは組織があなたの能力に応じて成長もするし、停滞もします。

困ったさん
困ったさん
そんなことないでしょ??

と思う方もいると思います。
それでも私はこの説を唱えます。

組織ってリーダーが「頑張るゲージ」を握っています。

リーダーが怠ければそれを見て部下もすかさず休む。
リーダーが頑張ればその分、部下も頑張ろうとする。

私が不調の時や心にスキがあった時には同じように部下もスキがありました。

そしてそういう時こそ先輩から注意されてました。

なので、少なくともリーダーになったあなたには自己研磨する責任があります。

方法は

  • 経営者やリーダーになった人の本を読むこと
  • 目標を見据えて行動すること

私のおすすめの本は少し古いですが、稲盛和夫様の本がおすすめです。

組織で一番になろうとしないこと

困ったさん
困ったさん
常に自己研磨するのに一番になっちゃいけないの?

と思うかもしれません。

私自身の経験からいうと、リーダーに頼ってしまう流れができるからです。

「あいつがいるからまぁ俺らはこれだけでいいだろう」

「まぁあいつが先導で走ってるし、責任はあいつが持ってくれるだろう」

それを防ぐためにはどうすればいいのか?

  • 部下に寄り添うこと

自分の力に過信して進む時ほど、気づいたときには誰もいません。

いろんなキャプテン見てきて自分も体験してきたから。

どんな時も支えてくれてるのは周りの人たちです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は自分がリーダーになった経験から、あなたに最低でも覚えておいてほしい4つのことを話しました。

まとめますと

リーダーになった人に覚えておいてほしいこと

  • 部下の意見を拾う
  • 組織の支えとなる一本の芯をあなたが示す
  • 常に自分の能力を高めること
  • 組織で一番になろうとしないこと

でした。

そのためにも

マステ風見出し②

  • あなたは何を成し遂げるためにリーダーになったのか?
  • あなたがこの組織でリーダーになった理由は何なのか?
  • 経営者やリーダーになった人の自己啓発本を読むこと
  • 常に目標を見据えて行動すること

でした。

リーダーというのはすべての人にとってのスタンダードであり、その組織の鏡となります。

その組織を生かすも殺すも最終的なところリーダーだと私は思っています。

今回はまだほんの一部の経験しか書いていません。

また気が向いたときに更新しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!